幸せのハイタッチ(´;ω;`)ウッ・・猫のボブとジェームスさんの愛情物語(´艸`*)。


イギリス・ロンドンでの実話!!「猫と人間の愛情物語」です。

「ミュージシャンになりたい!!」とロンドンに来たジェームスさん、夢ははかなく破れ自暴自棄になってドラッグにも手を出しホームレスとなり、路上で演奏し「投げ銭」だけが頼りの生活でした。

そんな時、交通事故にあい「血だらけに倒れている猫」をジェームスさんは急いで「動物虐待防止協会」へ運んだのです。

ジェームスさんの全財産は22ポンド(約3000円)を払い猫の治療にあてたのです。

怪我が治る2週間、猫が元気になるまでの間、自分の食べ物を分け与えながら貧しいながらも、ジェームスさんは幸せでした。

しかし・・猫の怪我が治り、ジェームスさんと猫のお別れの時が来たのです。

スポンサーリンク

猫の名前はボブ・・「ジェームスさんと猫のボブの別れの時」が?!

ジェームスさんは、猫のボブの怪我が治っても生活は貧しいままでした。泣く泣くジェームスさんは、ボブとの「別れ」を決断します。

数キロ離れた公園に、ジェームスさんは猫のボブを「幸せになりな・・」と離したのです。

次の日・・路上ライブが終わり淋しい思いを抱えながら家に帰ってきました。その時です!!なんと猫のボブがチョコンとジェームスさんの帰りを待っていてくれたのです!!「こいつ(ボブ)と一緒にやっていこう!」と決めました。

身に覚えのない警察のやっかみ!!路上ライブが中止に!?

「ハイタッチする猫とストリートミュージシャンがいるぞ!!」と話題になり、猫のボブとジェームスさんは大人気!!

しかし、警察のやっかみに合い、路上ライブが出来なくなったのです。ジェームスさんは仕方なく雑誌の路上販売を始めるのです。

これも警察の妨害にあい、ジェームスさんは再びドラッグに手をだしてしまうのですが、そんな姿を悲しそうに見つめる猫のボブ。

「ボブの為に」とドラッグを辞め、再び雑誌を路上で売り始め、それがある編集者の耳に入り、「ボブという名のストリートキャット」という本ができ、各国で大ヒット!!印税は「親への仕送り・アパートの家賃」あまったお金は「すて猫・捨て犬の救済基金」へ寄付をしているジェームスさんです。

ジェームスさんはお金より「猫のボブと一緒にいられるしあわせ」を選んだのです!!

永遠に猫のボブとジェームスさんの幸せのハイタッチ!!観ていたいですね。。

キュンキュンしたら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
★ねこまむしマタタビ通信へのご招待★

【ねこまむしのマタタビ通信】では、ネコをテーマに飼い方から、ペット保険の大切さ、おすすめアイテム、イベント情報などさまざまな情報発信をしています。

またねこまむしが想っていることなど、表ではお話しできない内容もお伝え中です。

ご参加することで、飼い主さんとネコちゃんのお互いにとって、ストレスのない関係を作ることができるようになりますし、もっと愛情を注げるようになるでしょう。

ネコについていろいろ知りたい人や最近ネコを飼い始めたけど、どうやって世話をしたらいいかわからない人にオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事