ヨーロッパで「猫賞」受賞した(*^^)v!優しいバスの運転手の物語( *´艸`)


すばらしい実話です!!ヨーロッパでのお話です。

バスの運転手であるおじさんは、毎日の様に猫さん達にご飯をあげていたそうです。

猫ちゃん達もおじさんのバスが解るんですね!!おじさんがご飯をたくさん持って現れました。

おじさんはおしみなく猫ちゃん達にご飯をあげて、自分も癒されます。

日本ではこんな光景みられないですし「猫賞」なんてないですもんね!!

日本では

引き取り手のいない猫は保健所で殺処分される。殺処分は減り譲渡数が増す傾向にはあるといえ、 環境省の全国の猫の殺処分数は8万2902頭にも及ぶ

日本にも「シェルター」等がありますが、まだまだヨーロッパには及びません。

スポンサーリンク

優しいおじさん。猫達も大喜び!!

 

バスがステーションに入ってきました。あれれ~猫ちゃん達が寄って集まってきます!?

一体何が起こるのでしょうか?スゴイ!!おじさんは猫ちゃんのご飯をいっぱい持って与えていたのです!!

きっと猫さん達には、おじさんのバスの音だけは、微妙にわかるのでしょうね。

優しそうな目で・・たくさんの猫さん達を見つめるおじさん・・自分も癒されているかもしれないですね。

優しいバスの運転手のおじさん!!「猫賞」受賞!?

このおじさんの優しい行為が、ヨーロッパで有名になりおじさんは「猫賞」を受賞するのです!!

奇跡の様な実際にあったお話です。日本では・・「猫賞」もないし信じられない様な事かもしれません。

でもおじさんの様な「優しい心」は持っていたいですね。日本では老人が淋しくなって「多頭飼い」をする方が増えています。

ただ・・日本ではやはり「去勢手術」を受けて「多頭飼い」をしないと、親切心だけでは難しい世の中ですね。。

キュンキュンしたら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
★ねこまむしマタタビ通信へのご招待★

【ねこまむしのマタタビ通信】では、ネコをテーマに飼い方から、ペット保険の大切さ、おすすめアイテム、イベント情報などさまざまな情報発信をしています。

またねこまむしが想っていることなど、表ではお話しできない内容もお伝え中です。

ご参加することで、飼い主さんとネコちゃんのお互いにとって、ストレスのない関係を作ることができるようになりますし、もっと愛情を注げるようになるでしょう。

ネコについていろいろ知りたい人や最近ネコを飼い始めたけど、どうやって世話をしたらいいかわからない人にオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事