病院は嫌いだよ~(>_<)診察される猫ちゃん。


病気の時だけに関わらず、健康診断で動物病院に連れていったりしますが
他の家の愛猫ちゃんはどういう風なんだろう?
他の動物病院はどんな風に診察するんだろう?
と思っていたので、この動画、とても興味津々で観ました。

うちは、今まで3か所の動物病院に行ったことがありますが
最初の動物病院は、保護主さんの知り合いの病院でした。

先代愛猫ちゃんのときに通っていた動物病院は
獣医さんと看護師さんの二人で対応してくれる病院でしたが
保護主さんの知り合いの病院は
基本、獣医さんと飼い主さんという組み合わせだったので
「押さえていてくださいね~」という獣医さんの声に
ドキドキしたものです(笑)

スポンサーリンク

そんなに特別に変わりはないという印象でした。

この動画の猫ちゃんはたぶん健康診断だと思うんですけど
短めの動画ですが、体重を測って、このあたりは
うちが今まで行ったことある病院となんら変わりはありませんでした。

採血とかまで動画には入ってないので
よくわからないですけど、検査が終わってキャリーに入る猫ちゃんというのは
やたらさっさとキャリーにうずまるように入るのも
全猫ちゃん、共通なんだな、とうちのことを思い出しながら
くすっと笑ってしまいました(笑)

やたらまんまるな顔が可愛い(*'ω'*)

この動画の猫ちゃん、やたらお顔が丸いんです。
丸顔ってこういうことを言うんだろうなってくらい
マリモみたいにまん丸でとっても可愛いんです( *´艸`)

愛猫ちゃんが嫌がるなら動物病院には連れて行きたくないと思うのが
本音ですが、健康診断で早期発見ができることもあるだろうし
うちは現在9歳なんですが、8歳を超えてからは
基本、一年に2回健康診断を受けるようにしました。
ずっと一緒に過ごしていたいですもんね。

しかし、ここまでのペットブームになっていますが
獣医費用というのは人間みたいにほぼ一定化しないのは
何故でしょうね(;´・ω・)
一度行くと諭吉が・・・

健康で居てくれてるための必要経費ですが
痛い出費です(;・∀・)

キュンキュンしたら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
★ねこまむしマタタビ通信へのご招待★

【ねこまむしのマタタビ通信】では、ネコをテーマに飼い方から、ペット保険の大切さ、おすすめアイテム、イベント情報などさまざまな情報発信をしています。

またねこまむしが想っていることなど、表ではお話しできない内容もお伝え中です。

ご参加することで、飼い主さんとネコちゃんのお互いにとって、ストレスのない関係を作ることができるようになりますし、もっと愛情を注げるようになるでしょう。

ネコについていろいろ知りたい人や最近ネコを飼い始めたけど、どうやって世話をしたらいいかわからない人にオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事