必見!世界最小野生の猫クロアシネコの!貴重動画

まず初めに、クロアシネコの映像自体がとても貴重らしいので是非皆さんに見てもらいたいと思い紹介します。

スポンサーリンク

1番小さい猫ってマンチカンじゃないの?

私自身が知っている猫の中で、1番小さい猫と言えばと聞かれるとマンチカンを思い浮かべます。皆さんもそう問われると、最初にマンチカンと思う方が多いのではないでしょうか?

実際調べてみた所、マンチカンの体長は約60cmで大きく育つと70cmにもなる場合があるそうです。体長だけで比較してもマンチカンとクロアシネコの体長は体長が約50cmですので、クロアシネコの方が小さい事が分かりますね。

クロアシネコの主な特徴

世界最小の野生猫で準絶滅危惧種に指定されている猫で、主な生息地は、南アフリカが中心に生息している様で体長が約50cm・尻尾が15cm~25cmで体重が1kg~2kgと生後1ヶ月~2ヶ月の子猫の様な小ささで大人の大きさだと言われていて、ベンガルヤマネコに近い猫種だと言われているそうです。

こんな、雑木林の中小さな猫が落ち葉や木の隅に身を隠しながら、周囲を警戒しつつ、寝床に帰っているのか又は餌を探しに探索しているのか野生のクロアシネコの動作がとても可愛く癒されますね。

雑木林が主な生活の拠点?

雑木林や密林地帯を拠点にしていると言う事を踏まえて考えてくると、主に何を主食に生き抜いているのか疑問にも感じます。体の体格から想像するに昆虫や小動物が主な主食なのでしょうか?

この体格からして大きくてもウサギ等が精一杯な様に思います。

外敵から身を守るのには!

外敵から、身を守るには小さな体がとても友好的なのでしょうね。動画冒頭の方にも有りましたが落ち葉の下に身を隠したり小さな木の穴にスッと身を潜めてやり過ごしたり、猫なので木登りも得意だと思います。

猫は頭が入ればたいてい身体は収まるとも言いますから隠れ家等には困る事は無いのではと思います。

キュンキュンしたら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク
★ねこまむしマタタビ通信へのご招待★

【ねこまむしのマタタビ通信】では、ネコをテーマに飼い方から、ペット保険の大切さ、おすすめアイテム、イベント情報などさまざまな情報発信をしています。

またねこまむしが想っていることなど、表ではお話しできない内容もお伝え中です。

ご参加することで、飼い主さんとネコちゃんのお互いにとって、ストレスのない関係を作ることができるようになりますし、もっと愛情を注げるようになるでしょう。

ネコについていろいろ知りたい人や最近ネコを飼い始めたけど、どうやって世話をしたらいいかわからない人にオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事